2007年08月14日

更新履歴

【2007年8月14日】久々に「云いたい事はあるぞ」ですましていた記事を追加。「マリア様・11巻」「楽魔女・17巻」 「ひみつの階段(ポプラ社版)・2巻」「遊楽少女」「通りゃんせ」辺りだと思います(リンク省略)。

【2007年5月4日】引き続き、第二期果物市場の「友情系」「女子校」 「姉妹系」「小ネタ」カテゴリにあった記事と、「少年誌」「小説」 「成年誌」カテゴリにあった記事を追加しました。他にも索引とか戯言とか、色々あったんですが、 内容的にも古くなってしまったんで今回はオミットします。

現状での残存量は…

  • 第一期果物市場掲載分
  • 第二期果物市場掲載分  完了
  • 果物市場ニューカマー分 完了
  • 空白部分補完 2003年2月〜6月
  • えるもの日記分 完了

いよいよ残りは「第一期」と「空白期」なんですが、前者は多すぎて、後者は手がかりが少なすぎて、手をつけるのがかなり難しいような… 。まぁそのうちになんとかするという事で。

【2007年5月3日】とてつもなく久しぶりですが、思い立って第2期果物市場の 「愛情系」カテゴリにあった記事を転載しました(ひとまとめにしたいんで、全て1999年6月1日記述として登録してますが、 実際には1999年末から2000年初頭にかけての記載になります)。

あぁ、そうだ。第二期は合計で110件くらいなんですが、表紙画像使ってる関係で割と重めになってます。

【2006年12月16日】「言いたい事はあるぞ」で済ましていた物件のうち「アニース2001年夏/ 2002年冬号」「恋人はマリオネット」 「女の子が好き▽育児編・ 1巻」「櫻の一番・3巻」 を追加しました。選択の理由は特にありません。単に手に届く所にあっただけです(笑)。

【2006年12月4日】ニューカマー分の残り2002年7月〜11月分を一気に追加しました。これにて終了… と言いたい所なんですが、延々と「未読」「言いたい事はあるぞ」で空欄になっていた項目があるんですな。徐々に埋める予定なんで、 気が向いた時にでも履歴を見てください。

【2006年11月30日】取り敢えず2002年12月分を追加。

【2006年11月26日】2002年4〜6月分を追加しました。

【2006年11月23日】2002年1〜3月分を追加しました(時間があればもうちょっと行きたいですが)。あと、 未読のまま放置されていたもののうち「あずまんが大王・3巻 (DVD)」「乙女の港」 「有吉京子自選集・ 4巻」「おひさま」 に記事追加しました。たまに自宅から発掘されるとこういう風に追加されます。誰も気づかないですが(笑)。

【2006年11月21日】ここの所蘭書(笑)絡みを優先してましたが、合間を見て2001年11・12月分を追加しました。

【2006年11月13日】結局2001年7〜10月の4ヶ月分追加しました。

【2006年11月12日】11月に入って初めての更新です。今回は2001年5・6月分となりました。

【2006年10月28日】本サイトの物件更新などの合間をみて、ニューカマーの2001年2〜4月分を入力しました。あと、 今回カテゴリ分けしてるんですが、「あたり」「びみょう」「はずれ」は殆どその場の気分で付けてるんで、 あんまり参考にならないかも知れません。本文で微妙な事書いてある場合は何らかの制限事項のサインなんで、その辺もご考慮願えればと。

【2006年10月21日】某旭○子のトラブルのアオリで、史上最悪の休日出勤地獄と化しておりますが、 合間を縫ってニューカマーの2003年分と2001年1月分を入力しました。

【2006年10月17日】えるもの日記分(2003年7月〜)を移行完了。これ以降は現行ブログの記事になります。

【2006年10月14日】2000年12月分までの「果物市場ニューカマー」に加え、2004年3月〜12月分の「えるもの日記」 掲載分を追加。ややこしいやり方ですが、特に意味はありません。単に目先を変えただけです。

【2006年10月12日】更に2000年8月分まで追加。曖昧なデータが多くて(特に雑誌)、補完作業がエライ大変になってます (エントリ抜けしているのは現物発掘して読み直しているんですが…肝心のブツが見つからない)。

【2006年10月9日】久々に時間が出来たんで、2000年6月分まで移行しました。このペースでは何日かかるかわかりませんが、 最終的には「第一期」と「えるもの日記」分も含めて完全移行しないと…難しいか。

posted by ikasaki2011 at 06:12| Comment(37) | TrackBack(4) | こうしんきろく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

アシャワンの乙女たち(牧野修・朝日ソノラマ文庫)

聖エルザにほんのり吉屋風味を加え、バロム1で煮詰めたような小説です(笑)。
要素を詰め込み過ぎで視点が定まらない点(美弥と凛を一人に纏めた方がすっきりするような気がするんですけど…)や、 友情を謳っておきながらパートナー・すこやか(なんつう名前や)があんまりにも完璧超人なためにヒロイン・ 美弥が一方的に奉仕してるようにしか見えない点など、お世辞にも完成度は高くないと思います (シチュエーションとかはかなり好みなんですがねぇ…惜しい)。
果物的にももっと美味しい調理が出来るんじゃないかと思うんですが、そーいう期待をして読んではいかんのでしょうか(10代前半に” 女の子どーしで一つに融合しちゃう”などというキョーレツな性体験(笑)をしてしまったら、その後の人生歪みまくりそうな気もするんですが… )。

posted by ikasaki2011 at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

快楽天・2005年1月号(18禁コミック誌・ワニマガジン社)

てっきり11月号で終わったと思っていた上連雀三平「やまとなでシコ」が新展開に突入してしまいました。どうやら「白き花びら」 をやりたい模様…あぁ、身も蓋もない(笑)。
しかし、女相撲好きってのは正直よーわかりません(いやまぁ、CF嗜好のある私がいうてもあんまり説得力ありませんが、 個人的には女相撲は燃えないんだよなぁ…ワルキューレとかのアレも、大概早送りしちゃうし)。 やっぱり地獄女史みたいな人が沢山いるって事なんですかねぇ…。

posted by ikasaki2011 at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

コミックフラッパー・2005年1月号(コミック誌・メディアファクトリー)

しばらく使ってなかった風呂釜を沸かすのは非常に怖いよな、と妙な所に共感してしまったのはともかくとして(なんか昔、 ひどい目にあったらしい(笑))。

竹本泉「さくらの境」が今月も妙な方向に進行中です。前回あまえんぼモードに突入してしまったショートカット冷静美少女・ 二子の言動は徐々にエスカレート、今号からはヒロイン・さくらと同じ布団で寝る事になった模様です (実姉がいるのに同い年の従姉妹にベタベタってのはどーよ…って、いつだか同じような事を書いたような…。あれだな、たておか夏季の「春、 ふたつ」…って判らねぇか)。
なんだか段々”あの「イーナス」の次の連載”らしくなってきたようで、嬉しい限りではありますが。さて、ここからどー転ぶのやら…。

posted by ikasaki2011 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月03日

E−G−TOWN(SOFTCHARM・オークス夢雅C)

まず最初に訂正。これまで何度かアンソロジー本でこの人の名前を挙げてたんですが、その際に「ソフトクリーム」 だと勘違いしていた模様です。ホントは「ソフトチャーム」みたいなんでご注意の程を。
で、肝心の内容なんですが、短編8、連作1の全てが♀♀の絡みものという、”そーいう意味では”素晴らしい作品集となっております(但し、 「手近なヒト」「なんて仲のいい兄妹」の2作は兄妹アンソロでの発表という事で変則ネタとなっております。注意)。
”そーいう意味”といったのには理由がありまして、大体♀♀メインの人というのは絵柄やらなんやらが特殊な人が多いのですが、 この作者も御多分に漏れず、かなり特殊な絵(とシチュエーション)を描きます。最近では珍しい、”小学生と書いてしまう人”でもあり、 胸のない(どころか、黒蘭並みにあばらが浮いている)少女達が、ひたすら相互オナニーを繰り広げる漫画が連続しております。
気持ち良さそうというよりも痛そうな展開が連発していたり、連作の「ラディオフォニック・スクール」が、 雑誌廃刊でエライ中途半端な所で終わっているなど、他にも色々と問題点はありますが、 背表紙の絵柄に抵抗無ければ選択肢に入れても良い出来なのではないかと思います。

posted by ikasaki2011 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月02日

フロントイノセント・0巻(18禁OAV・ムーンロック)

随分前に出たんですが、流通数が少なくて入手失敗し完全に諦めていたんですが、何故か最近再び店頭に並び始めたんで(重版?)、 購入してみました。
うーん、こいつは昔懐かしの前夜祭ビデオみたいですな。約7分の予告編しか見る所がないんですが、これをこーいう値段(3675円) で売ってまっていいもんなんでしょうか…。
監督がうるし原氏という事で、♀♀な絡みは何箇所かありそうな雰囲気ですが、さて、これもどーなるかというと… 基本的に♂1♀2のストーリーみたいだしねぇ…。まぁなんにせよ、”本編が出てから”の話ですな。既に何年も遅れてる気もしますが(笑)。

※2006年10月追記。本編は1/3が♀♀なんで、そっち買った方がいいです(少なくとも0巻買うよりは、ですが)。

posted by ikasaki2011 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | びみょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

蒼い海のトリスティア(結城さくや・メディアワークス電撃C)

あの衝撃の「パルフェ」から幾星霜、その流れを組む(今ではもう絶滅寸前の(泣))、 一般PCゲームのコミカライズ版が発売されました。
このシリーズらしく、ほぼオールガール設定で進むゲームなだけあって、この本自体も果物くさいシーンが目白押し(主としてネネ。 まぁこんな名前付けられりゃあ、果物くさくもなるわな(笑)。そーいう意味でもユーリィと同系統のキャラではあります)…なんですが、 元デザインが萌え系の第一人者といってもいい人な事もあって、細かい表情とかの見せ方が辛くなっている気がします (まぁ本人に描かせてうまくいくか、というと微妙ではありますが。一枚絵と漫画って違うしねぇ…)。
まぁ、角川メディアミックス系としては標準レベルの作品とも云えますんで、 表紙絵に違和感を感じなければチェックするのもいいんじゃないかと思います。

posted by ikasaki2011 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月30日

マイペースゆずらん・5巻(小池田マヤ・双葉社アクションC)

なんだかオチだけみると某「ルリカ発進」みたいな気もしますが、それはそれとして。
いつの間にか終わっていたような気もしますが(一時は増刊出る位の勢いはあったと思うんですがネェ…)、まぁなんにせよ”最終巻が出ない” のが日常茶飯事の4コマで最後まで出たのはめでたい事ではあります。
この本を取り挙げる以上は、もちろんメインはみちるちゃんな訳ですが、4巻途中からの彼女はなんだか汚れてしまった感じがして(笑)。 いやまぁ、蘭へのアタックはかえって凶悪になったのですが

posted by ikasaki2011 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | びみょう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

ぽすたるWORK(依澄れい・角川書店Cエース)

初版2004/7という事で、大分出遅れた感もありますが、一応書いておきます。
郵便配達員・ふみ子を中心としたオールガール癒し系(あんまり良い表現ではありませんが)コミックで、系列としては「ヨコハマ」とか 「ARIA」とか「やえか」に近い感じの話です(ラストも「やえか」に似てる気もします。まぁ、そう落とすしかないという噂もありますが)。
当然キスしたりなんだりする話ではありませんが、人間関係が女の子だけで閉じてる為、果物臭がそこはかとなく漂う展開であります(親友・ 黒山さんとの出会いを描いた6・7話あたりは、濃い目の友情モノで個人的にはストライク)。

posted by ikasaki2011 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | あたり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月26日

このライトノベルがすごい!2005(書評誌・宝島社)

「ライトノベル完全読本」の完全後追い企画(笑)、遂に発売されました(「このミス」のラノベ版だなんて呼んであげない)。
よりにもよってソーカントクにインタビューにいってしまった「完全読本」に比べて、ライトノベルの”今” を取り上げるというコンセプトからか、大概おっさんな私には馴染みの少ないタイトルが並んでますが、ここの前身となったページでは 「ジュエルスターズ」やら「ネオヴァルガー」で御馴染みの秋津透氏が「楽園の魔女たち」を推してるのがちと嬉しかったりします (総合でも15位の「マリア様」を上回る14位と大健闘…ってーか、誰に聞いたんだ、このランキングは?)。

posted by ikasaki2011 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | そのた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。